Goodness Private University

私立大学は入試日程を変更できる|合格を勝ち取りたいなら一読

組み合わせを考える

実力を活かせる大学を選ぶ

学生

大学を受験する場合には、第一志望校に加えて複数の併願校も受けて、不合格のリスクを軽減することが大切です。
また私立大学の試験は2月に集中するために、前もって入試日程を確かめて、理想的な受験校の組み合わせを考えるべきです。
第一志望校の偏差値が60程度の場合には、それよりも10程度偏差値が低い私立大学を受験すれば、落ち着いた環境で受験勉強に取り組むことができます。
そして入試日程を調べて5校程度の私立大学を受けることも重要ですが、出題傾向が類似している大学を選ぶのが、実力をフルに活かして第一志望校に受かる裏ワザです。
日ごろから通っている予備校のカウンセラーに相談すると、入試日程別の最適な受験校の組み合わせを、提案してくれるでしょう。
志望校判定模試のデータを活用して、大学のレベルと入試日程を総合的に考えながら、受ける学部や学科を選ぶようにしましょう。
一方で多様な学生を募集したいと考える私立大学が増えているために、最近の入試制度は複雑であり、組み合わせを考えるのはハードな作業です。
したがって日ごろから興味のある大学の出題パターンについてもチェックして、受験しやすい入試制度を選んで出願するべきでしょう。
特に英語や数学の配点が高い入試は、得意分野を最大限に活かして、志望校に合格したいと考える受験生に最適です。
更に受験の予定を考える時には、入試日程に加えて合格発表や入学金の納入期限についても確認することが重要です。

効率の良い予定を

学習

大学受験を受けるにあたっては勉強の仕方がクローズアップされることが多いものの、実は入試日程を十分に把握して、効率の良い計画を立てることも重要なことの一つなのです。
特に、私立大学を多数受験する場合、移動と試験が繰り返されることになります。
第一志望校に合格することを考えている場合、あるいは、とにかくどこの大学でも良いから滑り込みたいという場合など、状況に合わせて予定を組む必要があります。
一般的に私立大学の入試は、1月終わりから2月にかけて行われることが多く、同じ学校でも学部によって入試日程が違うという状況になっています。
これらの入試日程は、夏ごろにはすでに公開されており、私立大学の入試日程を集計したサイトもネット上で見つけることができるので、非常に便利に利用することができます。
予定を組む際には、受験する可能性のある私立大学をカレンダー上に書き出し、取捨選択していくことで、頭の整理にも役立ちます。
このとき、住所や最寄り駅を明確にしておくと、移動時間や宿泊施設の手配をスムーズに行うことができます。
一般的には、出願期限は試験日の1、2週間前にしていることが多く、カレンダーとともに掲示しておくことで、忘れずに出願することができます。
出願する際には、郵送での受付とインターネット上での受付があり、インターネットで行えば、手間も少なく行うことができます。
これらの作業は勉強の合間に行うことになるため、余裕をもって早めに情報集めを行っておくことで、モチベーションを保つことにもつながります。

効率的に入試の日程を検索

学生

私立大学は複数校の受験が可能なため、入試日程をうまく調整することによって受験チャンスを広げることができます。
第1志望の大学に合格できなかった場合でも第2志望や第3志望の大学を受験していれば、それだけ進学できる可能性が高くなるのです。
私立大学に合格するためには受験勉強ばかりでなく、入試日程を把握して志望校の受験日程を調整することも入試対策として欠かせません。
私立大学の入試方法には、大学入試センター試験の成績を利用する方式と一般入試の2種類に大きく分けられます。
大学入試センター試験利用方式でも個別入試を実施する大学は多く見られるため、一般入試で受験する場合と合わせて入試日程を把握することが必要です。
私立大学の一般入試は大学入試センター試験が終了した後の1月下旬から始まり、2月中旬頃にかけて集中する傾向も見られます。
複数校の受験が可能とは言え大学数と学部数が非常に多いため、入試日程が重なってしまう例も少なくはありません。
志望校の入試日程が同じ日に重なった場合はどちらか一方しか受験できませんが、試験日自由選択制を採用している大学なら日程を融通することができます。
このような私立大学の入試日程を知るには、全国の大学に関するさまざまな情報を掲載している進学情報サイトを利用するのが便利です。
進学情報サイトごとに独自の検索システムが採用されており、大学名を入力するだけで志望校の入試日程が表示されます。
各大学のホームページ等で入試日程を確認するよりも知りたい情報が効率的に入手できるため、複数の私立大学を志望校とする受験生は進学情報サイトを上手に活用しています。
合格の可能性を高めるためには、各私立大学・学部の入試科目や受験難易度なども進学情報サイトで調べておくといいでしょう。
交通費や宿泊費を節約する目的で、全国主要都市に学外試験会場を設置している大学を選ぶという選択肢も考えられます。

理工系に進学する人へ

勉強

情報化社会の中で、理工系大学を志望する学生に大いに役に立つものとして、エフラボという情報誌があります。エフラボは、理工系大学の最新情報は勿論、受験に役に立つであろう合格者の体験談や、勉強方法も載っています。

もっと読む

塾に関すること

男女

個別指導塾ではマンツーマンで授業が受けられるため、集団授業が苦手という生徒に最適です。尼崎で個別指導塾を選ぶ場合には、事前の情報収集が不可欠です。塾の中には無料体験授業を提供している所もあります。入塾申込の際には、学力テストを受けて今後の授業計画を立てます。

もっと読む

勉強合宿について

勉強

ゼミ合宿とは研究などのためにいつもと違う場所で数日ほど過ごすことです。ゼミの内容は必ずしも自分の目的に沿ったものとはいえないため参加する意義を見出せてから申し込んだほうがよいです。大学などが主催するもののほか、有志が集まって行うものもあります。

もっと読む